鮎タイツやスリムウェーダーのお手入れってどうするの?

皆様ご無沙汰しております。

岡野釣具店SHOPブログです!

 

近年クロロプレンゴムを使用した製品が非常に値上がりしてきています。

数年前と比べてもスリムウェーダーなどは10,000円以上値上がりしているものも数多くあります。

やはりこう高くなるとなかなか買い替えられない。

なるべく長く使いたい!と思うのは当たり前ではないでしょうか?

そこで、なるべく長く使えるように当店からアドバイス!

(間違っていたらごめんなさい)

まず、劣化の原因。

紫外線による劣化が一番影響をうけます。

そして意外と知られていないのがオゾンの影響。

大気中に含まれるオゾンがクロロプレンゴムと反応し、劣化が進みます。

耐オゾン製はほかのゴムと比べると高いですがそれでも優良ではなく『良』止まり。

もちろん酸化でも劣化しますので長期保管には衣類用の密封できる袋に入れることでゴム自体の劣化を防ぎます。

また、クロロプレンゴムの性質として、折り目を付けて長期保管すると内部の気泡が潰れ、元に戻らなくなり伸縮性が失われるため、そこから破れの原因になることがあります。

ですからスリムウェーダーのブーツのつなぎ目などで折るのは絶対にやめましょう。

 

以上を踏まえた上で対策するとさらに長く使える筈!(絶対の保証はありません;)

 

その1 使用前に衣類用UVカットスプレーを使う(6~7回の釣行に1回程度の頻度でOK。)

その2 使用後は汚れを真水で落とし、風通しの良い場所で陰干し(スリムウェーダーはブーツを地面に設置させる)

その3 定期的にウェットスーツ用ソフナーを使う(出来ればシリコン配合のもの)

その4 保管時には折り目が極力できないように畳む。特にスリムウェーダーは吊るしっぱなしも厳禁。

その5 納竿し、長期的に使わない時には密閉できる衣類用の袋に入れて、寒暖の差のない暗所に保管する

 

これを守ると柔軟性もさることながら生地自体の劣化を極力防げるので効果は高いと思われます。

ちなみに、柔らかさを出す方法として手軽な方法にシリコンスプレーを全体に吹きかけると柔らかくなります。

 

皆様、是非お試しください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中